めまいが発生する原因とは

めまいが発生する原因を知るには、めまいが起こる仕組みをを理解したほうが良いでしょうね。

私たちの身体がフラフラせずバランスを保つことができるのは、身体に平衡感覚というものが備わっているからです。めまいは、目が回ることでバランス感覚を失うこと・・ととらえられがちなんですが、実はちょっと違います。

人間の平衡感覚が維持できているのは、目からの影響だけではありません。平衡感覚は、目、内耳(三半規管、耳石器)、手足の筋肉や関節、皮膚などあらゆる部位からの情報が脳幹の前庭神経核や小脳、大脳で統合され、全身の神経系ヘ司令が出ることで維持されているのです。

結局は、その経路の中のどの部分に異常が生じても平衡感覚を維持することはできないので、バランスを失って「めまい」という異常事態を引き起こすのです。

一例としては、目というのは辺りの景色や動きを認識することで水平方向や垂直方向、または自分がどのように動いているのかを感じ取って、この情報を脳幹部に伝えているのです。

さらには手足の皮膚や筋肉・関節から脊髄を通して、身体の動きや位置、重力などの情報を脳幹部へ伝えているのです。

そして、左右の内耳では前庭の三半規管、耳石器がバランス維持のための情報収集器官となっているわけです。これらたくさんの情報から判断し、脳幹部や小脳・大脳は目や内耳、手足の筋肉や関節などからの情報を統合して、その状況に適した身体の動きを判断し、バランスが崩れないように全身への司令を発信しているのです。

すなわち、めまいという現象は目や内耳、手足の筋肉などから情報を人手する経路に異常があっても起こることになりますし、情報をまとめて司令を出す側の小脳や大脳、脳幹部に異常があっても起こることになります。

めまいの原因は、千差万別で時間をかけて慎重に検査しなければいけないということです。

>> 薬や手術を使わず自分で難聴・めまい・耳鳴りを治す方法!