耳鳴りが発生する原因を知るにはメカニズムを理解しないと

耳鳴りが発生する原因を知るには、そのメカニズムを理解しないといけませんね。音や言葉などが聞こえる仕組みを知る必要があるわけです。

私たちが感じている音というのは空気の振動として耳に伝わります。聴覚システムは、この空気の振動をとらえ、音や言葉としてとらえる感覚のことをいいます。

音はまず、耳介によって収集され外耳道を通り、鼓膜に伝播し、さらに鼓室(中耳腔)の中の耳小骨のつち骨、きぬた骨、あぶみ骨へと伝えられ、内耳の蝸牛に伝わります。非常に複雑な伝達経路なんですね。

鼓室には音の伝導を良くするために空気が入っているのですが、そのため中耳内にある耳管を通じてのど(咽頭)とつながっています。

耳管の役割は、中耳圧が外耳圧と同じになるように気圧を調節する弁の作用があって、あくびや物を飲み込んだ時に開く仕組みになっています。エレベーターや飛行機に乗った時などに耳がツーンとした時にツバを飲み込むと、この感じが消えるのは、耳管が開いて鼓膜の内外の気圧が同じになるように調節されたからです。

外耳、中耳の音が伝わる経路を伝音系といいますが、外耳でとらえられた音の振動は中耳で増幅され、蝸牛に達したときには、音が入ってきたときの約20倍もの大きさになっています。

そうやって空気の振動として伝えられた音ですが、まだこのままでは音として感じることができません。このため、聴覚の要である蝸牛で電気エネルギーに変換されて、聴神経へと伝えられます。その信号が脳で処理され私たちが音として認識できるのです。

>> 薬や手術を使わず自分で難聴・めまい・耳鳴りを治す方法!