耳鳴り・めまい・難聴の検査は耳鼻咽喉科が基本

耳鳴り・めまい・難聴の検査は、耳鼻咽喉科が基本です。めまい外来というのもあるので探すのもよいでしょう。

一般的に突然、めまいが起こり吐き気などをともなう場合は、多くの患者さんが内科の診察を受けるようですが、内科でいろいろな検査を受け原因がはっきりしないケースが多いので、耳鼻咽喉科を紹介されて受診する人が多いようです。

まず、めまいを引き起こす病気の中には内科系の病気も確かにあるにはあるのですが、圧倒的に多いのはやっぱり耳鼻咽喉科系の病気何ですね。

特に、あなたが始めて耳鳴り・めまい・難聴で診察を受けるのであれば、耳鼻咽喉科にかかることをおすすめします。めまい外来や平衡神経科、神経耳科などを開設している場合は、そこを訪ねるとよいでしょう。より専門的な検査・治療ができます。

またいっぽうで、しびれ・舌のもつれなどがあれば脳神経外科か神経内科行った方が良いです。その症状はやはり神経伝達系・・つまり脳内の問題の可能性が高いからです。

特に、めまいとともに手足がしびれたり、舌がもつれたり、物が二重に見えるなどの症状がある場合は、最初から神経内科あるいは脳神経外科を受診するべきです。

また高齢者の方や、高血圧や高脂血症、糖尿病、心臓病など全身の持病があって、かかりつけの医師がいる場合には、まずそこで相談し、紹介状を書いてもらって耳鼻咽喉科にかかると良いでしょう。

そして、今その瞬間に、めまいに伴って激しい頭痛、意識障害、マヒなどが起こっている場合は緊急治療を要しますので、救急車を手配するなどして、急いで神経内科か脳神経外科に連れていってもらわないといけません。

>> 薬や手術を使わず自分で難聴・めまい・耳鳴りを治す方法!